何で「継続」が大切なの?

Simon Methodは「知識学習」と「特訓」を90日間行うコースになっています。
 
90日間 学習にコミットしてもらう理由は、
 
  • 学んでほしいルール(文法)が結構あるから
  • 勉強する習慣を付けてほしいから
  • 復習」をたくさんして学んだ内容を定着させてほしいから

です。

でも勉強ってやっぱり大変で、だからこそ続きません。
#me too
 
この記事では、なぜ「 継続」が大切なのかについて書いてます。
また「どうやって継続するの?」の記事では、もう少し掘り下げた話と、おススメの取り組み方について書いています。


少しでも「英語 やってみっか」と思って頂けると幸いです。

 

 【スキルは掛けた時間に比例して高まる】

なんで知識と特訓が大切なの?
の記事で

  • 英語はスキル
  • 英語力(スキル)は「知識学習」と「技能」で構成される
  • 英語における「知識」は「ルールや決まり事」を知ってること
  • 英語における「技能」は「読む、書く、聴く、話す」のこと
  • 技能は「知識」のある状態での「練習/特訓」で鍛えられる

という内容を書きました。

サッカー部の例をだして「コーチに技術指導を受けただけで急に技術が上がる」 なんてことはなくて、「その技術の理論を踏まえた上で、反復練習を行いだんだん精度が上がる」という話をしました。

成長には「早い、遅い」もありますが、全くの素人部員が2,3日の練習でレギュラー入りする事は非常に難しいです。
#部員11名ならいけるけど
 
1年生でレギュラー入りするのが難しいのは、サッカー(の練習)に時間を割いた時間が長いのは3年生や2年生なので、1年生より上手な可能性が高いからです。
#5歳とかからやってたら入れるかも
 
お分かりだと思いますが、スキルは時間をかけて段々高まります。
基本的にはかけた時間に比例します。
#センスとか才能は一旦無視
#練習内容が悪いと伸び率悪いけど
 
英語力UPも学習時間に比例します。
僕はもう英語の勉強はしてませんが、知らない英単語は尽きません。
なので、新しい単語は記録しています。ライフワークのように。
時々見返したりして、意味を覚えてるか確認します。
毎年知ってる単語が何個増えたか記録は取っていませんが、確実に増えてます。
継続して語彙力が高まってると言えるでしょう。
#昔の伸びしろに比べると牛歩だけどね
 

【スキルは得るのではなく、高めるもの】

ここまで一貫して「スキルを習得する」という言い方を避け「スキルを高める」という言い方をしてきました。
これは「高めるの方が英語学習(スキル全般)において正しい考え方だと思うからです。
 
練習の結果「フリーキングが蹴れるようになった!」と言ったりしますが、ド素人の僕でもフリーキック蹴らしてくれるなら蹴れます。
#ゴールまで届かんけど
#コロコロ地面這うけど
 
正確には 「上手に」フリーキングが蹴れるようになった!です。
精度を高める余地はいくらでもあります。フリーキックでゴールを狙える飛距離を伸ばしたり、ゴールの枠に入る確率を高めたり、球のスピードを高めたり、カーブの効きを強くしたり。
 
英語力もいくらでも高めれます。
 
興味のある分野の話題を英語で理解できるよう、関連動画を視聴して語彙を高めたり、
 
自分の考えを言う練習をしたりして流暢さを高めたり、
 
簡略かつ的確な発言が上手にできるように自分の言いたい内容を書き出して添削して、スピーチの構成力を高めたり、
 
自分の発話を録音して訊き返して、発音矯正したり、
 
スキルは取得するのではなく高めるものです。英語力も、高めるものです。

 

【スキルを高めるに終わりは別に無い】 

 
「コロ無しで自転車乗れるようになった!」
 
「スケートリングで転ばずに立てるようになった!」
 
これは「できなかった事ができるようになった」という点で「習得 (習って得る)」または「体得 (体験を通して得る)」しています。得ています。
 
しかし、これはあくまで自分で設定した 「」や「通過点」に過ぎないと考えた方が良いです。
競輪部やスケート部に所属してる人間がこの発言をしてたら、「 初期段階にクリアするべき通過点だろ」という突っ込みが入ると思います。
#移動手段としてのチャリ
#スポーツとしてのチャリ
 
「スキルを高める」に関して 、自分で「終わり」を設定しないと「終わり」はありません。
「終わり」が無いと全て「通過点」になります。
#武道の師範が高齢でも辞めない理由
 
僕がいまだに知らない英単語に遭遇した時、記録し続けているのも「終わり」を設けてないからです。
覚える意思があります。自分でも会話で使いたいし、人が使った時にはその単語をしっかり理解したいです。
好きな俳優や著名人のように話せるようになりたいと思っていて、その人の動画を視聴したりしてます。
 

ここまでの話をまとめると、スキルは

  • 掛けた時間に比例して高まる
  • 得るのではなく高める
  • 高めるに終わりは無い

です。

ここでお分かりだと思いますが、スキルUPは長期戦なんです。
短期戦ではないので、続けることが大切で、辞めないことが大切です。
これが「継続」の大切な理由です。

————————————–
本題なんですが
#いつも遅いな

どうやって継続するの?」の記事で、

「継続」についてもう少し掘り下げた話と、おススメの取り組み方について書いています。

是非

「何で「継続」が大切なの?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: なんで「知識」と「特訓」が大切なの? – Simon Method

コメントは受け付けていません。