何で「文法」が大切なの?

Simon Methodでは「文法」を学びます。
個人的にあまり好きじゃない言葉で、使いたくないです。
#皆嫌いだから
#嫌な顔されるから

でも「文法」は実は英語力UPの近道です。
その理由を説明ます。

【言語距離について】

2つの言語を比較して「似てる似てない」と言ったりします。
言語の距離が近い遠い」という言い方をしたりもします。

何が具体的に「近い、遠い」のかと言うと、単語の字面や発音だったり、語順(文法)です。
ヨーロッパの言語の多くは、歴史を辿ると共通の言語(ラテン語とか)から派生してたりします。
なので、似ている点が多々あります。英語しか分からに僕でも、字面で単語の意味を予想できたりします。
#フランス語で病院はhopital
#スペイン語で警察はpolicia
#ドイツ語で学校はSchule

自分の母語と習得しようとしている外国語の距離が近いと、やっぱり習得が楽です。

イギリスで大学院生をしていた時、ヨーロッパ諸国からの留学生がたくさんいました。
EU加盟国間での留学は容易で活発なんです。
#ERASMUS

英語が上手な人もいれば、下手な人もいました。
フランス人やドイツ人の中にも、我々日本人と同様、学校の授業以外は別に英語を勉強してこず、
授業もまじめに取り組まなかった人たちがたくさんいます。英語が苦手な初級者です。

でも驚いたのは、初級者の時から普通に文章単位で発話できるんです。
語彙力は乏しくても、完成した文章で発話します。結構 意思疎通ができるんです。

このメインの理由は

「このドイツ語の単語に相当する英単語は、何だろう」ということを情報として知ってさえいれば、
文章を作る(英語の語順に沿って単語を並べる)ことに関しては意識しなくてもできるんです。

そこに、悩んだり考え込んだりする苦しみがありません。
#語順が似てるから
#羨ましい

【日本人にとって英語は難しい】

日本語と英語は、残念ながら真逆と言っていいほど語順が違います。
#言語距離が遠い

この理由で、日本人は文章単位で発話することに苦戦しがちです。
日本人が英語が話せない理由はほかにも色々あると思います。
でも「言語学的な観点から述べろ」と言われると「言語距離が遠い。語順が逆」と言います。
純粋に、難易度が高いんです。

ちなみに日本語と韓国語は語順が似てるらしいです。
知ってる単語を増やして日本語の語順で並べるだけでも、結構しっかり意思疎通できるかもしれません?
#身を持って検証するしかない
#いや、まだフランス語が中途半端

【まずは英語の語順を知る】

こういった理由で、日本人は英語の語順(文法)ルールをまず知ったほうが良いと思います。
その時、日本語の語順と比較しながら「こんな感じで違うんだ」という認識作業をすると、理解しやすいと思います。
#Simon Methodでは比較します

ルールを理解したうえで「特訓」を行います。
英語の語順に沿って見聞きする情報(単語)を、その順番のままで脳が処理し、
なおかつ文全体が伝えようとしている意味・内容を把握できるようにならないといけないからです。
#急に畳みかけてきた

いけないからです / ならないと / できるように / 把握 / 意味・内容を / 文全体が / している / 伝えようと。

日本語を英語の語順で並べてみました。
シンプルな話、この日本語を読んで、瞬時に意味が理解できないといけないんです。英語で。

また、英語で話せるようにするのにも「特訓」を通して英語の語順に沿って英単語を瞬時に並べれるようにします。

人と話している最中に「今言ったこと、全部さかさまから言ってみて」と言われると、
日本語でもかなり苦労すると思います。

言ってみて / さかさまから / 全部 / 言ったこと / 今

英語の語順に沿って英単語を瞬時に並べるというのは、これを咄嗟にやるイメージです。
#英語で

特訓して慣れないと、難しいと思います。 
これが「文法」が大切な理由です。
そしてSimon Methodで「知識学習」と「特訓」で「文法」を扱う理由でもあります。

———————

ところで、

日本の学校教育でも、中高では文法と読解を主に勉強すると思います。
大学受験でもそれが求められたりします。

「じゃあなんで私達話せないのよ」

という疑問に関しては、「どうやって文法学ぶの?」の記事内にて、
学校の英文法の勉強とSimon Methodの文法の違いについても解説しております。

是非