What's upの本当の意味と使い方について

What’s up?のネイティブの使い方を一撃でマスターしよう

投稿者:

What’s up?」は、
海外の映画やドラマ、リアリティーショーなどを見ていると、
よく耳にするフレーズだと思います。

「How are you?」と同様の知名度で、
「砕けた挨拶の表現」として知っている人も多くいると思います。

しかし、
What’s up?」に対する切り返しとして、
何と言うのが正しいのか、
が分かっていない人が意外と多くいる印象です。

「How are you?」に対する切り返しは、
「I’m fine.」や「I’m good.」ですが、
これらは「what’s up?」に対する切り返しとしては、誤っています。

これは、
What’s upが持つ本質的な意味を理解していない事が
原因の場合が多いです。
What’s upのニュアンスをしっかり理解すると、
自分の気持ちを乗っけて、この表現を使えるようになるはずです。

今回は、What’s upについて解説します。


What’s upの本質的な意味

「up」は名詞、動詞、形容詞、副詞、前置詞の
全ての品詞として機能出来る単語です。
また、「up」は使われ方に応じて、様々な日本語訳に訳されます。

What’s up?」の「up」は、形容詞として使われています。
意味は「~が起きている、起きる」です。

「正常・平常な状態ではない何かが起きている」ニュアンスです。

例えば、張り込み中の刑事が「There is something up.」と相棒に言う場合、
「何か動きがあったぞ」という意味で使われます。

ですので、
What’s up?」は直訳すると「何が起きてる?」
という訳になります。

そして、挨拶の意味としては
「何か変わった事無いかい」、「最近何か起きた?」、「何か近況は?」、
的なニュアンスの挨拶になります。

決して、あなたの体調を聴いている質問ではなく、
最近のあなたの行動を聴いている質問になるのです。

What’s up?の返しは Nothing much

What’s upに対する返しとして、

  1. 最近の出来事や自分のやってる事を言う
  2. 「特に何もないよ(相変わらずだよ)」と言う

が正しいです。
しかし、「How are you?」と挨拶されて、
身体の不調な部分や症状を一々詳細に説明しませんね。
好調・不調に関係なく、「I’m fine.」と答えるのが通例です。

What’s up?」も一緒で、挨拶表現として確立された固定表現です。
最近の出来事を一々説明しません。
なので、「特に何もないよ」という意味の「Nothing much」という定形の返し表現を使います。


What’s upの別の用法

不良同士が喧嘩する前に、
「なんやねん?やんのかコラ?ああ?こら?」

と威嚇し合いますが、英語だと
「Yo. What’s up? Ha? What’s up?」のように、「What’s up?」が使われる事があります。
これは、
「What’s up with you?」の 「(with you)」が省略されていると考えられ、
直訳すると「お前はどうしたいんだ?」「お前に何が起きているんだ」的な訳になります。

示唆する所は、
「どうした?(俺に文句あるのか?)」、「お前はどうしたいんだ?(俺とやり合いたいのか?)」的なニュアンスになります。


他に良く聞く What’s up表現

What are you up to?

「これから何するの?」、「何しに行くの?」っという意味です。
たまたま知り合い複数名のグループに道端で会い、珍しく正装していたら、
「Hey. What are you guys up to? 「君たちこれから何するの?(何か特別なイベントにでも行くの?)」
的なニュアンスになります。

What have you been up to?

これは、挨拶としてではなく、本当に相手が最近どのような事をしていたか、
仕事や私生活などで、どのようなイベントが起きていたかを訊きたい時に使う表現です。
ですので、久しぶりに会う旧友や、会社の元同僚などに使います。


What’s upの発音

「ワッツ  アップ」ですが、崩して「ワサップ」、「ワラップ」に近い発音で言われる場合もあります。

またテキストなどのつづりでも、
「whatssapp!」、「ssaap!」、「whaddup」など崩して送ってくる人もいます。
これは人それぞれだったりするので、
参考までに「”What’s up”の事だな」と認識さえ出来れば良いと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です