英語でコミ二ケーション出来ない原因

英語でコミ二ケーション出来ない原因

投稿者:

英語と日本語の思考パターンの違いを理解する

「英語でのスピーキングが苦手」
「英語でのコミニケーションが満足に出来ない」
「自分の意見を英語で上手く言えない」
「英語でのディスカッションが苦手」
              。。。。。など

英語をある程度の期間 勉強した人
TOEICが高得点の人などでも、この様な悩みを抱えている人は、
多いと感じます。

この原因は勿論、様々な理由が考えられますが、
この記事では

日本語の思考パターンのまま、英語を話そうとしている

ことが原因である可能性が高いことを解説したいです。

思考パターンって何?

Robert Kaplanという教授は、

言葉が違うと思考パターンも違う
という事を論文で提唱し、言語別思考パターンを下記の表で
分かりやすく提示しました。

日本語の思考パターン

Oriental(オリエンタル)と表記されているのが、
日本語の思考パターンを示した図です。

ぐるぐると渦を巻いています。
これは、日本人は何か意見や選択を求められた時、
両者の良い点、悪い点を挙げていき、じわじわと、
自分の意見・選択の方向に会話を導き、
相手に自分の考えを示唆するパターンを表しています。

例えば、
「田舎に住むのと、都会に住むのはどっちが良い?」
と訊かれた場合、
その話題に対して強い思い入れや特別な関心がない限り

両者の良い点悪い点のを考えて、
列挙するのではないでしょうか。

「田舎は静かで環境も良く、子育てには良いかもね」
「でも都会のほうが遊ぶ場所が多いし、面白い人と出会えそう」
「でも都会は人でゴミゴミして生活費も高くつくよね」

。。。。。。といった感じで展開し、

「まあ今は若いから都会が良いけど、歳取ったら田舎が良いかも」

という結論に至るのではないでしょうか。

これは極端な例ですが、
日本語での思考パターンはこれに近いものがあると思います。

国土も狭く、
歴史的にも異国文化との遭遇・融合が無かった日本は、
日々のコミニケーションを良好にする為、
直接的な発言や表現は避け、中立的な会話を好んだ、
とも考えられます。

これは日本人の
「言わなくても分かる精神」とも、
関係したことかもしれません。

英語の思考パターン

英語の思考パターンは表の1番 右の「English」と書いてある図です。
見ての通り

直線です。直球です。

意見や選択を求められた時、
英語の思考パターンの人は、
自分の答えをまず発表します。
すぐ発表しないにしても、
自分の結論が出た状態で会話を展開します。

「田舎と都会、どっちに住みたい?」の質問の場合、
英語の人はまず自分の答えをだします。
そして、その答えに至った理由を述べていきます。

「何でも揃っていて便利だから都会かな」
と言ってから、
「レストランも沢山あるし、娯楽もあるからね」
「田舎だとリラックス出来るかもしれないけど、暇しちゃうかもね」
といった感じで自分の選択をサポートする理由を
展開するかもしれません。

または自分の選択を一発目に発表する時、
「何でも揃っていて便利だから都会かな。少なくとも若いうちはね」

と条件付で、答えを出すかもしれません。

この例で言うと、
結果は日本の思考パターンも英語の思考パターンも一緒です。

「若いうちは都会が良い」
という意見ですが、その結論に至るまでの思考、展開が違います

この違いの認識を、どう役立てれるか?


1. 直接的な意見・意思表明は失礼ではないので安心して話す

英語は直球な思考パターンです。
日本人の感覚だと「失礼じゃないかな。。」や
「撫し付けがましくないかな。。」と考えてしまい、
発言を控えてしまう事あると思います。
僕もそうでした。

全然大丈夫です

イギリス皇太子やアメリカ大統領と話す訳でもないので、
大丈夫です。
歳の差もそんなに関係ありません。
日本語だと、同調や共感で関係が深まる感じですが、
英語だと自分の意見や考えを言う事で、お互いを理解できて、
関係が深まります

2. 結論を直ぐに決める練習、決めてから話す練習をする

前述の通り、日本語の思考パターンだとハッキリと自分の意見を明確にする事を避け、遠回りな表現や中立的な立場を保ちながらの会話を好みます。

なので、英語の思考パターンで話す練習、慣れる練習が必要です。
瞬時に自分の意見や選択を決める、
決めてから話を展開する事を心がける
必要があると思います。

日本語の思考パターンで英語を話そうとすると、
まとまりの無い発言になります。
英語は言語的にも回りくどい言い回しなどには適していないので、

ネイティブからすると

「結局 何が言いたいの?」

と思われる結果になりがちです(←沢山 経験済み涙)

3. TOEFLやIELTSのスピーキング・ライティング対策になる

自分の意見選択(賛成・反対など)を瞬時に決定して、
会話や意見を展開する能力は、
正にTOEFLやIELTSなどのスピーキング・ライティングテストで求められる能力です。

特にスピーキングは制限時間が短いので、
瞬時に意思決定しないといけません。
本当に自分が考える、自身の意見かは、関係ないです。

それが本当に自分の意見なのかという事を考え出すとキリが無いので、とにかく意思決定して、それをサポートする理由を考えながら会話を展開する事が、TOEFLスピーキングなどのコツです。

まとめ

1.言語が違うと思考パターンも違う

2. 日本語の思考パターンは、ぐるぐると渦巻く。中立的な立場で会話を展開し、直接的な意思・意見(賛成・反対など)の表明を避ける

3. 英語の思考パターンは一直線。自分の意思・意見の結論に一直線に目掛けて理由を展開する。直接的。

4.日本人は直接的な意見・意思の表明は「失礼」になならないか、と心配するが、英語は直接的な言語なので大丈夫。億劫になる必要は無い

5. 思考パターンの違いを理解した上で、自分の意見・意思の結論を直ぐ決める練習、決めてから話を展開する事を心がけると、英語のコミュニケーション力が上がる

6. TOEFLやIELTSのスピーキング、ライティングでは英語の思考パターンに則った理論展開が要求されるので、テスト対策になる

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です