英語の発音を効率良くマスターする方法

投稿者:

可能であれば「ネイティブのような発音で英語を話したい」というのが本音だと思います。
「発音だけでは何人か分からないレベル」になりたいと、
私も英語を勉強してる時は常に思っていました。

本記事では、
英語の発音と、発音学習に関する知識として
理解しておくべき事実を紹介し、
おススメの発音学習ツールを紹介します。

英語の発音を解明

1. 英語は44の音で構成される


英語は、44の音で構成されており、
上記の表の音素記号で可視化されています。

英語という言語の難しい点は、a~zのアルファベットは、
複数の発音パターンがある事です。

日本語で「あ」は「あ」としか発音されませんし、
「あ」と「い」の連続は、「あい」としか発音しません。

英語では、例えば
Book(本)の “oo”は「ウッ」と発音したり、
Shoot(~を打つ)の”oo”は「ウー」、
Door(ドア)の “oo”は「オー」と発音したりします。

その為、
英語の正しい発音は発音記号(Phonemic Transcription)で
下記のようで可視化されています。

Book= bʊk
shoot= ʃuːt
door= dɔː r

2. 口周りの筋肉が発達しないといけない

英語は日本語よりも音が豊富です。
日本語で必要ない口の動きをしないと出せない音が多くあります。

正しい口の動きを意識して、何度も発音をしていくと、
口周りの筋肉が発達します。

ですので、英語学習の初期は、
上手く発音できない理由として、口周りの筋肉が発達していない、
という要因が考えあられます。

3. 英語はお腹から音を出す

ネイティブのように英語を話す為には、
発音以外に発声方法を理解・意識する必要があります。

日本語は口先だけで、喉からの声で話せる言語ですが、
英語はお腹から出さないと、正しく聞こえない言語です。

複式呼吸を意識して、
お腹から息を吐き出しながら話す練習をすると、
ネイティブのような、ぶ厚い音が出ます。

4. 一生聴き分けられない音がある

生後6ヶ月~12ヶ月の間に、
聴き取れる音域が決定する、という研究結果があります。

これは少し極端な結果ですが、
や幼少期に触れていなかった音は、
大人になってからは聴き取れない、という事は
十分考えられます。

私も ”L”と “R”の発音の区別は出来ません。
発音の仕方は理解しているので正しく発音できますし、
文脈からどちらのアルファベットかは理解出来るので
生活に支障はありません。

発音の正しい勉強方法

1.音素記号をマスターする
まずは44の音素記号を理解し、正しい発音の仕方を学びましょう。
舌の位置や口の動かし方を理解し、何度も練習する必要があります。

また単語を辞書で調べる際も、
必ず発音記号を確認して、正しい発音も確認する癖をつけると良いです。

☆発音記号と音を確認できるサイト☆
https://www.teachingenglish.org.uk/article/phonemic-chart

☆英単語を発音記号に変換できるサイト☆
http://lingorado.com/ipa/

おススメの発音教材

UDA式30音トレーニング

1.日本語に存在しない英語の30の音を集中的に鍛えられる

発音博士

自分の発音を解析し、発音記号で可視化してくれます。
正しい発音と自分の間違った発音を目で見て比較できます。

発音図鑑

英語の正しい発音の出し方を、3口と舌の動きを、解説付きで3D映像で説明している。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です