本場の英語に触れないといけない理由

本場の英語に触れないといけない理由

投稿者:

もしあなたが
「ネイティブみたいにぺらぺらになりたい」と
思っているのであれば、
私は「ネイティブが話す英語が正しい」と考えるべき
だと思います。

英語のルール、語順(英文法)の理解が最も重要ですが、
ネイティブらしい語彙、表現、言い回しというのは、存在します。

そして、
「文法的には解説が出来ないけど、こっちの方が自然」
という表現は沢山あるのです。

“What’s wrong?”  VS “What’s wrong with you?”

“What’s wrong?”は直訳で「何か悪い?」=「どうしたの?」
という、相手を気遣う表現です。

“What’s wrong with you?”は直訳で「あなたは何か悪い?」となり、
「あなた大丈夫?」という意味で捉えがちですが、、、、、

「あなた正気?」

という、相手の言動や人格を疑う時に使う表現になります。

しかし
“with you”に常にネガティブなニュアンスが付いている分けではなく、

“How’s everything going?” (最近はどんな感じだい?)と、
“How’s everything going with you?“(最近の君はどんな感じ?)は、

同様なニュアンスを持って使われます。

上記の例のように、
文法を理解しているだけでは分からない、
ニュアンスが存在します。

言葉は時と共に変化する

言葉は人に使われながら、変化していきます。
時代の情勢や文化などに影響されながら、
その時代に生きる人の考え方や価値観が変化します。

使う人が変われば、その言語も変化します。

日本語でも「全然」という副詞は「美味しくない」「楽しくない」というネガティブな表現に使われていましたが、
昨今 「全然美味しい」「全然楽しい」などといった表現を耳にします。

世代によっては、「良しとしない」人々もいるものですが、
「言葉は進化するもの」と念頭において置くと、
今後色々な表現にぶち当たった時、
柔軟に吸収する事が出来るかと思います。
(自分が使う使わないはさておき)

本場の英語に触れる

上記の例のように、文法的に正しいだけではなく、
ニュアンスを理解して自然な表現を使えると、
ネーティブからも一目置かれる「流暢さ」を、
あなたの英語は帯びます。

本場の英語に触れるツール

目で見れる本場の英語

 1.Amazonのレビュー

生きた英語に触れれる。
物を描写、説明する英語の文章に触れられる。
自分の興味のある物のレビューなどを選ぶ事により、
英語学習と自分の興味を関連付けれる。
 

2.Youtubeのコメント

生きた英語に触れれる。
話言葉で書かれている事が多いので、
日常で使えるような意見や気持ち、感想を述べる表現に触れられる。
ユーモアのある発言も多いので、英語の笑いに触れられる。
自分の好きな俳優やミュージシャン、ドラマなどのコンテンツを選んで、英語学習と自分の興味を関連付けれる。

目で見て耳でも聞ける本場の英語

3.  海外ドラマ・映画

勿論のこと、海外ドラマ・英語は本場の英語の宝庫です。
また多くの場合、英語字幕と日本語字幕の両方が付いているので、
文字を目で見て比較や確認理解が出来ます。

また表情やジェスチャー、声の抑揚なども感じれるので、
その表現がどのような状況で使えるかの、
イメージがしやすいです。

本場の英語を理解するコツ

1.熟語、ことわざがカギ

ある程度の文法理解はしているという場合、
映画などの字幕英語が分からない理由は
熟語かことわざ表現が使われてることが、殆んどの場合原因です!

その場合、
文中の熟語、ことわざと考えられる部分を検索にかけましょう。

2. 検索力がカギ

映画を見ていて、
「ちょっとやりすぎかしら?」と言う字幕に遭遇したとします。

聞き取れなかった場合、
英語字幕に切り替えて、再度見ます。

「Am I going overboard with this thing?」

が英語の字幕でした。

overboardを調べると、「船外へ」という副詞となっています。

船は全く関係ないシーンだとすると、
熟語の可能性が高いです。
そんな時は、
複数の単語で検索してみましょう。

検索の際のコツは、動詞が含まれる場合は原形にして調べる事です。

“Go overboard”で調べると
検索に沢山ひっかかり、英語での意味の解説も出てきます。

これは、
熟語表現である事が判明します。

これを、
英日辞書で調べると、日本語の意味が分かります。

おススメの辞書はスペースアルクの英辞郎です。
(参照→http://www.alc.co.jp/)

または見る映画によっては新しい俗語などが多く、
日本語の辞書では検索に無い場合があります。

その時はこちらの Urban Dictionaryがおススメです。
(参照→http://www.urbandictionary.com/)

まとめ

  1. 本場の英語とは、ネイティブが好んで使う言い回しや表現、ことわざなどです。

  2. 文法的に正しくても、ネイティブからすると不自然と見なされる表現があり、文法を理解しているだけでは、何がネイティブらしいのか分からない場合があります。

  3. 本場の英語はフェイスブックやユーチューブ、海外の映画などで触れられます。

  4. 本場の英語は言い回し意外にも、熟語やことわざが多く含まれます。
    それらを一つ一つ見付けて意味を調べ、理解する必要があります。
ブログ村 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です