私が実践している、英語をペラペラ話すコツ

私が実践している、英語をペラペラ話すコツ

投稿者:

これまでドヤ顔₍ドヤ活字₎で英語が話せる人として記事を書いていますが、
そんな私でも
「今日は調子悪いな。。」、
「今日は上手く話せてないな。。」と、
感覚的に感じる事が多々あります。

これはおそらく自分の感覚的な印象なので、
他人、聴き手からしたら気付かない次元の事かもしれません。

そして「上手く話せてないな。。」
と感じる時というのは大抵、

二日酔い、、寝不足、、二日酔い&寝不足、風邪、、など

ざっくり体調が悪くて脳が覚醒していない時です。

そんな時に私が積極的に意識しているを紹介します。

1.動詞を意識する

英語は構造的に動詞は、その後に続く単語や位置関係をある程度決定付ける能力が備わっています。また英文では動詞は文の頭のほうに位置します。

ですので、取り合えず動詞まで言ってみて、その後その動詞の規格に当てはまる単語を、正しい形で当てはめていくと、正しい文章になります。
頭が回ってない時は、とりあえず動詞まで発言してしまって、それからその後に並べる₍並べられる単語₎を考えながら話すと、
結果的に上手く話せていることがあります。

2.自分の発話している英語をしっかり聴く

二日酔いの時など、まとまりなく話してしまうことがあります。これは頭がボーッとしていて自分の発話に集中していないため、全体の文構造自体をイメージ出来ていない為だと思います。
自分が発話している英語をしっかり聴く事によって、次に何が言えるか₍どんな英単語をどんな形で次に並べれるか₎が意識出来ると思います。

3.思い出せない単語は諦めて、知ってる単語で説明する

頭が回っていないと、言いたい₍使いたい₎単語が咄嗟にでてこない事があります。そんな時は、思い出そうと努力をするのを諦めて、
簡単な単語で、当回しではあるが確実に伝える報告に切り替えると、
会話を止めず、また狼狽えずに話せることがあります。

4.ネイティブらしさ、スピードにこだわらない

ネイティブの人達との会話は、会話のキャッチボールが早いです。ネイティブのスピードに合わせての会話は、英語を学習して学んだ英語話者にとっては、容易な事ではありません。レスポンススピード、話し始めるスピードが早くないといけないですが、頭が回って無い時は難しいです。ネイティブらしさやネイティブスピードで話す事を気にしないようにして、しっかりと、自分のペースで確実に話す方が賢明です。

5.モデルのキャラクターを意識する、成り切る

4と真向に反するコツですが、普段英語を勉強しているなかで、
好きな俳優や著名人で、「こんなふうに話したい」と思い、意識して真似をしたりしているモデルのキャラクターがいれば、その人を頭の中でイメージし、意識すると、上手く話せる事があります。
この方法はどちらかというと、酔っぱらって饒舌になっている時に、
さらに流暢に話せるようになる方法だと、個人的には感じています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です