英単語を効率的に暗記する方法

英単語 暗記の秘技! 5つのポイントだけで効率的に暗記する方法

投稿者:

新しい言語を学ぶ際、避けては通れないのが単語の暗記です。

このブログの中の記事では、
英語取得には英語の語順のルールの理解が最も重要である
と述べてきましたが、「I(私)」や「You (あなた)」などの最低限の単語の意味と読み方を理解していないと、語順のルールを理解するプロセスすら困難になってしまいます。

英語力が上がるに比例して、単語の暗記は容易になっていくものです。
これは、英語という言語の法則が無意識に分かって来るからです。
例えば、「Quickly (早く)」や「Carefully(慎重に」)など、
語尾が「-ly」で終わる単語は、「副詞だな」などの仮説を立てる事ができるようになります。
また「形容詞 quick(早い)の副詞バージョンだな」や、「名詞 care(注意)の副詞形の形だな」など、
既に頭の中に記憶されている関連単語や表現などとリンクさせて記憶する事ができるからです。

今回は、初級者の内から実践できる、効率的な単語の暗記の方法を紹介します。
勿論この方法は、中級者、上級者の英語学習の人にも有効です。


暗記の本質は、暗記したい物事の対象について「色々考えてあげる」という事です。
そして単語や表現の暗記に関しては、具体的に何を暗記するのでしょうか?

その単語の意味スペルになります。
この三つがリンクした状態で記憶する必要があります。

暗記は、「理解する作業」「暗記する作業」の2つで構成されます。


「理解する作業」

1. 辞書で意味を調べる

知らない単語、覚えたい単語に遭遇した際は、まずは辞書でその単語を調べる。
おススメの辞書: 英辞郎 https://www.alc.co.jp/

2. 品詞を確認する

その単語が「名詞」なのか「動詞」なのか、または複数の品詞として機能出来る単語なのか、を確認します。これは、その単語を日常の会話などで自分自身が使う時に、知っていないと正しく使えないからです。また読解などでも役立つ知識になります。
私がおススメする辞書の英辞郎 にはこの例文が豊富です。

3. 例文を確認する

その単語が文中でどのように使われているかを確認するために、沢山の例文を確認します。1つの単語でも、文脈によって色々な日本語への訳され方がされます。「英単語A=日本語訳A」というような単純化した覚え方をしてしまうと、日常の会話や本の文中でその単語に出くわした時、理解に苦しむ事があります。ですので、その単語が持つニュアンスをつかみ取る事が重要です。

4.  英英辞書で、その単語を調べる

英語の単語の意味、ニュアンスを理解するには、定義も英語で理解出来る事が望ましいです。
当たり前の事ですが、英語と日本語は全く異なる言語です。その単語の語源は文化的背景や歴史的背景が反映されていて、それき既存したニュアンスが存在します。「英単語A=日本語訳A」といった単純な話ではありません。英語初級者の人には難しいかもしれませんが、英英辞書に載っている英語の定義も確認しましょう。
おススメの英英辞書: https://www.ldoceonline.com/
5. 発音、発音記号を確認する
「聴き取って理解出来る」、「自分でも正しい発音で発話出来る」状態にする必要があります。
発音が聞けて、発音記号も確認できる辞書があるので、それを利用して、発音、発音記号を確認します。
おススメの英英辞書https://www.ldoceonline.com/
発音記号は覚える必要がありますが、一度覚えると正しい発音が自分で読めるようになるので、
その後の英語学習に有益です。
関連記事: 英語の発音を効率良くマスターする方法

「暗記する作業」

1. 同義語、反義語を思い出す、確認する

その単語と同じ意味、似た意味の単語で、既に記憶している単語が有れば、その単語を思い出して、リンクさせると記憶に残り易いです。また、反対の意味の単語とリンクさせ覚えても良いです。

2. 連想ゲーム、語呂合わせなどで、その単語にストーリーを与える

語呂合わせ的な連想ゲームをして、その単語にストーリーを与えます。例えば、以前映画を見ていると「Alimony」という単語が出てきました。日本語の辞書で調べると「別居後、元配偶者に払う手当」という意味でした。英英辞書だと「子供の養育費」という意味合いが強いようでした。
この単語をジッと見つめた私は、下記の連想ゲームをしました。

「Alimony」の「Ali(アリ)」=モハメド・アリ=イスラム教=一夫多妻制
「Alimony」の「mony(モニー)」=money(マニー)

そして、
一夫多妻制のイスラム教徒は離婚したら養育費にマニー(お金)を沢山払わないといけない
というストーリーを完成させました。

この方法は、単語の発音と意味をリンクして覚えるのに最適です。

3. 自分がその単語を使う場面を想像、イメージする

頭の中でその単語を使う場面や状況をイメージトレーニングしていると、実際の日常会話でその単語を使う場面になった時、その単語を思い出したり、咄嗟に口から出やすくなります。

例えば、先日英語の記事を読んでいると、「Hiatus」という単語に遭遇し、意味を調べると「活動休止」という意味でした。
自分の好きなバンド「System Of a down」は2006年から2010年の4年間、活動休止をしていたのを思い出しました。
そして、架空の友人に酒の席でこのバンドの説明を自分が熱くしている状況をイメージしまして、「They went on hiatus in 2006 and came out of it in 2010.(あのバンドは2006年に活動休止して、2010年に復活したんだよね)」
という文を頭の中で発言しました。

このようなイメトレは、すればする程良いです。

4. その単語を使って文章を作る

①と重なりますが、使う状況のイメージを具体化した状態で、文章を沢山作る事が、効果的です。

「」音楽の話をする事が有るので、先日私は映画を見ている時に「Alimony」という単語に遭遇しました。映画の文脈・状況的に難なく意味は想像出来ましたが、辞書で調べると「別居後に元配偶者に払う手当」となっていました。

5. 上記を記録する

フォーマットは自分のやり易い方法で良いと思いますが、新しい単語に遭遇した際は、
どこか、調べやすい場所に記録しましょう。
私は管理が苦手なので、Gmailの下書きにとりあえずコピペして貯めています。
その単語の「英語表記」、「発音記号」、「日本語訳、または英語定義」、「同義語」を一緒に記入する事が多いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です