ビジネス英語・仕事で英語を上手く話す極意

ビジネス英語・仕事で英語を上手く話す極意

投稿者:

英語を学ぶ動機として、
仕事で使う
英語で使う仕事をしたい
出世する為に英語能力が必要

など、仕事に関連した動機は多くあると思います。

いわゆる、ビジネス英語と呼ばれがちな英語力のカテゴリーですが、
職場で英語を使う上で、最も重要な極意を紹介します。

それは、

Simple is the bestです

職場で仕事の話をする場合、「シンプルが一番」です。
仕事で話す内容とは、必ず伝えるべき明確な内容、目的があります。

状況報告
問題の内容と原因
問題の解決策
課題
その日の予定、受けジュール

など、内容、目的があります。
そんな場合は、内容目的をしっかり念頭に入れて、
シンプル伝える事が、上手く話す為の有効な方法です。

誇張するような副詞表現や、回りくどい言い回しなどは必要ありません。

そして、複雑な内容を説明する場合にも、
Simple is the bestの精神は、適応されるべきです。

部下を持つような役職の場合、
部下に会社の上の人間の考えや思い、状況を説明して理解してもらい、
不満や問題を解消する必要があります。

これを英語でやる場合、
予め何がメインのメッセージ、一番伝えたい事かを自分自身が理解し、
それがシンプルに伝わる方法を考えてから話す必要があります。

英語上級者などは、
語彙力や表現力が豊富なため、
色々な事を言いたがる、または使おうとしがちですが、
上記のような状況においては、シンプルさを優先し、
伝えるべき内容や物事の理由を、
順序立てて話そうと、いう方向性に切り替えるべきです。

話す事自体が目的の友人との会話などだと、
相手を笑わしたり楽しむために、色々な誇張表現や感情表現、
独特な言い回しなどを使ってユニークさを出すのが醍醐味だったりします。

しかし、ビジネスシーンは目的が情報伝達としての目的が大抵あるので、
シンプルに、単刀直入にいきましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です