シャドーイング、ディクテーションに一番合ってる教材

シャドーイング、ディクテーションに一番合ってる教材

投稿者:
リスニング力を上げる為の効率的な学習方法として、
ディクテーションシャドーイングがあります。
こちらの記事で言及している通り、効果があるのは確実で、
リスニング以外にもスピーキング力アップにも効果的です。
しかし、

何を使って特訓するか

という事が、
効果的長続きするディクテーション、シャドーイング練習には必修です。

私が一番おススメする
ディクテーション、シャドーイング練習に適した教材を
紹介します。


ヒアリングマラソンと言う教材をおススメします。

1.多聴が物を言う

リスニング力は英語の4技能の中でも、「どれだけ多く英語を浴びたか」
が物を言う領域の技能です。その為、多聴する事が大変重要です。
ヒアリングマラソンは、莫大な量のリスニング資料を提供してくれます。

2.英語スクリプト、日本語訳がある

ディクテーション、シャドーイングで一番重要な事は、
「正しい英文が目で確認出来る。日本語訳が確認できる」事です。
特訓をして、聴き取れなかった部分は必ず出てきます。
その部分を目で確認し、自分が聴き取った文章と比較し、
どの単語、どの音が聴き取れなかったかを確認する必要があります。
ヒアリングマラソンは英語のスクリプト、日本語訳が必ず付いています。

3.量が多い

ヒアリングマラソンは、リスニングの資料が莫大です。
ディクテーション、シャドーイングは同じ文章で、
定期的に繰り返し行う事で、定着が図れます。
一方で、丸暗記して簡単にシャドーイング出来るレベルに到達すると、
効果はそれ以降は上がらなくなるので、別の資料を使うべきです。
一度も聴いた事が無く、内容が予期できない資料に挑む事は、
脳にとっても新しい刺激になります。ま初めて聴いた内容を理解できた時、
その英語を「理解出来る英語」として脳に刻まれます。
自信に繋がります。

ヒアリングマラソンは量が莫大なので、
この新しい刺激(資料)を常に受ける事ができます。

4.ジャンルや分野が多岐に渡る

ヒアリングマラソンが提供する英語は、多岐のジャンルに渡ります。
「英語を話したい、理解できるようになりたい」と言った時、
それに必要なスキルとは
日本語で普段我々が話したり聴いたりする事を、英語でも出来る状態です。
これは、
昨日の出来事、
時事、
政治、
ビットコイン、
芸能人の噂、
好きな映画の話、
スポーツの試合の話、など
ざっくり、多岐の分野を含みます。

ヒアリングマラソンはこれらの様々のジャンル、分野の英語を含むため、
日常会話に必要なレスニング力、スピーキング力が鍛えれます。

5.生きた英語

ヒアリングマラソンの良い点は、扱うリスニング資料が全て生きた英語です。
英語教材として作られたリスニング資料ではありません。

生きた英語に触れないといけない理由として、
英語の文章が、直訳的に意味する内容と、
実際にどう機能し、どう人に理解されるかの間には、
差があるからです。ある表現が実際どうネイティブに使われ理解されるかは、
生きた英語を通して学ぶことが出来ます。

ヒアリングマラソンは生きた英語を通して、英語を学べます。


ディクテーション、シャドーイングを通して
英語のリスニング力とスピーキング力を鍛えたい場合、
ヒアリングマラソンをおススメします。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です