【良い事尽くし】英語が話せる人の利点

【良い事尽くし】英語が話せる人の利点

投稿者:

英語が話せると、
「就職などにも有利」、
「世界が広がる」など

英語が話せるには越したことがない、
という意識は多くの穂とが持っていると思います。

英語に限らず、母語以外に外国語が話せると、
沢山の良い事があります。

脳科学的にも良いと証明されている内容もあります。

今回は、
「英語が話せると起こる、良い事」を紹介します。

情報源が広がる

日本語で発信される情報は、
約1億6千万人の日本人に向けられて発信されます。
英語は世界共通語で、世界の英語話者人口も莫大なため、
情報発信源も圧倒的に大きいです。

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、シンガポール、インド、フィリピンなど、、、

英語で情報を発信している国は多くあり、
世界の情勢や出来事、最新の情報などを
いち早く摂取する事が可能になります。
医療や科学、テクノロジー、
次に世界的にブームになりそうな事柄など、
最新情報もいち早くキャッチできます。

出会い・交流が広がる

英語を母語として話す人の人口は3.9億人で、
英語を実用レベルで話せる人口は13.6億人です。
つまり、
英語が話せると約17.5億人、
世界の約4分の1の人とコミュニケーションが出来る事になります。

これは単純に考えると、
人との出会が圧倒的に高まります。

英語が出来ないと出会うだけで終わりかもしれませんが、
話せると何かチャンスや、
新しい方向に繋がる可能性が高くなるはずです。

ボケ防止・客観的な判断能力

2ヶ国語以上の言語を話せる人は、認知症になる確率が低いく、
齢をとっても頭が切れている可能性が高い、
といった統計結果があります。

また2ヶ国語が話せる状態とは、
頭の中に2つの思考パターンが存在する状態であり、
だからこそ客観的な思考が可能になる、
といった研究結果もあります。

また勉強して身に付けた言語は、
感情に関連した脳の部位から離れた場所に保存される為、
感情に左右されない思考、
ロジカルるな思考ができ易いという意見もあります。

物事に柔軟に対応できる

言語は、文化や歴史、土地柄などを反映しています。
水が貴重な砂漠の環境で生まれた言語だと、
「海」や「水」が「豊富」や「繁栄」などの
ポジティブな意味の単語の語源になったり、
逆に海の近くで津波などの災害を経験してきた人々から
生まれた言語だと、海や水は恐怖の対象として
ネガティブな意味の単語の語源になるかもしれません。

これは世界の見方が1つじゃないという事です。

2つ以上の言語が話せる事は、
複数の価値観で物事を感知したり理解し、
色々な角度から物事を考える事が出来る事に繋がります。
よって、柔軟なの思考を持って物事に対応する能力を持ちます。

まとめ

上記のような要因から、2ヶ国語以上話せるということは総じて、
人の心、生活を豊かにする事が出来ると僕は信じてます

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です